エラ削りで小顔になれる?傷跡が目立たない手術を紹介します

エラ削りで小顔になれる?傷跡が目立たない手術を紹介します

エラ削りならエラを目立たなくさせ小顔効果も期待できる

顔を隠す

人よりエラが張っているという方は多いです。そんな方は、エラが張っていることが何よりのコンプレックスになる場合もありますが、そこで役立つのが美容整形です。エラ削りという施術方法があり、それを受ければエラ骨の一部を切ることで、物理的にエラを小さくすることが可能です。また、エラが小さくなればエラ骨が目立たなくなるだけでなく、小顔も目指せます。エラ骨が張っている方は美容外科のエラ削り手術に注目してみましょう。
エラ削りで重要なのが美容外科選びです。美容外科によって腕は違いますし、対応しているエラ削り術も変わってきます。エラ骨を削ってバランスの良いフェイスラインにしたいなら、まずは安心して任せられる美容外科選びをしましょう。そして、美容外科選びをする時は、無料相談を受けるのが得策です。多くの美容外科では無料相談が受けられ、そこでその美容外科が得意とするエラ削り方法について話を聞けたり、注意点など色々と教えてもらえます。実際に話をしてみて、本当に安心して任せられると思った美容外科へ依頼をしましょう。その他口コミなども参考に、エラ削りで腕の良い美容外科を探すのも方法です。価格も美容外科により違いがありますので、それを確認する意味でも無料相談は役立ちます。

エラ削りでコンプレックス解消!エラボトックスよりオススメな理由

自分の容姿に自信がない、コンプレックスを抱えている女性はたくさんいるのではないでしょうか。特に顔は第一印象を決める大事な要素です。身体はダイエットや筋トレで多少の調整はできますが、顔の形を変えるのは難しいものです。エラが張っているせいで顔周りを隠すような髪型に限定されてしまったり、好きなメイクができなかったりする、そんな人にオススメしたいのが美容外科で行える「エラ削り」です。
例えばエラを目立たなくさせる方法の1つにエラボトックスがありますが、持続期間としては約4ヵ月~半年です。3~4ヵ月後くらいから薬が切れ徐々に戻ってしまいます。その点美容外科でエラ削りをしてしまえば、こうした持続期間を懸念することなく小顔になることができます。期間を気にせずに済み、度々病院にかからなくて良いこと、一度処置してしまえばそのあとはお金がかからないこともエラ削りをオススメする理由です。
また、エラボトックスでは感じづらい正面からの見た目でも、丸みを帯びた女性らしいフェイスラインをつくることができます。外科手術となると抵抗がある方もいるかもしれませんが、一般的には口の中を3~5センチ切開する方法での手術なので、外からは傷跡が見えず他人から手術したことも気付かれにくいです。顔のことで悩みを抱え続けている方は、エラ削りでコンプレックスを解消し新しい自分を手に入れましょう。

小顔が期待できるエラ削りとは?わかりやすく解説します

・エラ削りとは?
エラの部分の骨を削ることです。正面から見た時に顔の下側の部分の最も突き出た部分をエラと表現することが多いようですが、エラ削り手術においては、患者自身が削ってほしいと考えている部位と医師が実際に削る部位の認識の齟齬があっては、満足のいく結果を得られない可能性もあります。エラ削りを検討される方はカウンセリングやシミュレーションなどで、なりたい顔のイメージを医師としっかりとすり合わせしておきましょう。適切な部位を削り、骨格から整えることで、小顔に近づくことが期待されます。

・エラ削りをした後の生活は?
切開を伴う手術ですので、腫れ、内出血、しびれ、麻痺などが予想されます。抗生物質や点滴などはクリニックで処方されますが、感染症のリスクもないとは言い切れません。口の中を切開するので、食事は1週間程度はやわらかいものを食べて過ごす方が傷が治りやすいです。こうした苦労はあるものの、切開個所は基本的に口の内部となるので、外からは傷跡が目立ちにくい点は非常に大きな魅力です。

小顔にしたいと悩まれている方はエラ削りを検討し、美容外科へ足を運んでみてはいかがでしょうか。カウンセリングは無料で行っているところも多いので、自分にあと少し自信をつけたいとお思いの方は是非ご検討ください。

最新記事

ニュース